外道ちゃんの備忘録

読んだ本の内容についての備忘録

人を動かす 人を変える9原則の備忘録

人を変える9原則の備忘録

1 まずほめる

われわれはほめられたあとでは、苦言も大して苦く感じないもの

まず相手を褒めておくのは歯科医がまず局部麻酔をするのによく似ている。

あとでガリガリやられるが、麻酔はその痛みを消してくれる

 

2 遠回しに注意を与える

人を批判するとき、まずほめておいて、つぎに「しかし」ということばをはさんで

批判的なことをいいはじめるひとが多い。

この「しかし」の言葉を聞いた途端、いまのほめことばがはたして本心だったのかどうか、結局は批判するための前置きに過ぎなかったように思えてくる。

⇒「しかし」ということばを「そして」に変えるとよい

遠回しに注意を与える方法は、直接批判されることに強く反発する神経質な人たちに効果あり

 

3 自分の過ちを話す

人に小言をいう場合、謙虚な態度で、自分は決して完全ではなく失敗も多いがと前置きしてそれから間違いを注意してやると、相手はそれほど不愉快な思いをせずにすむものだ。

謙遜と賞賛は日常の交際において大きな効果を発揮する。

自分自身の誤りを認めるまたは、そのままにしておくことは有効である

 

4命令をせず、意見を求める

命令ではなく暗示を与える。

「あれをせよ」「そうしてはいけない」などとは決して言わず、「こう考えたらどうだろう」「これでうまくいくだろうか」などと相手の意見を求める

自主的に仕事などをやらせ、決して命令はしない。そして失敗によって学ばせる

⇒相手は自分の過ちが直しやすくなる。相手の自尊心を傷つけず、重要感を与えてやることにもなり、協力の気持ちを起こさせる

押し付けがましい命令はあとしこりを残す。

命令を質問のかたちに変えると、気持ちよく受け入れられるばかりか、相手の創造性を発揮させることもある

 

5顔をつぶさない

たとえ自分が正しく、相手が絶対にまちがっていても、その顔をつぶすことは相手の自尊心を傷つけるだけに終わる

サンテグジュペリ「相手の自己評価を傷つけ、自己嫌悪に陥らせるようなことをいったり、したりする権利はわたしにはない。相手をわたしがどう評価するかではなくて、相手が自分自身をどう評価するかである。相手の人間としての尊厳を傷つけることは犯罪なのだ」

 

6わずかなことでも惜しみなく心からほめる

たとえ少しでも相手が進歩を示せば、心からほめる

心理学者ジュス・レア―「ほめことばは、人間に降り注ぐ日光のようなものだ。それなしには、花開くことも成長することもできない。われわれは事あるごとに批判の冷たい風を人に吹き付けるが、ほめことばというあたたかい日光を人に注ごうとはなかなかしない」

B.F.スキナー の教育の基本的な考え方:批判を手控え、ほめことばを活用する

 

われわれは他人から評価され、認められたい願望があるが、心のこもらないうわべだけのお世辞には反発を覚える。

アメリカのい心理学者・哲学者ウィリアム・ジェームズ「われわれのもつ可能性に比べると、現実のわれわれは、まだその半分の感性にも達していない。われわれは肉体的・精神的資質のごく一部分しか活用していない。人間は、自分の限界よりも、ずっとせまい範囲内で生きているにすぎず、いろいろな能力を使いこなせないまま放置しているのである」

批判によって人間の能力はしぼみ、励ましによって花開く

 

7期待をかける

相手のある点について矯正したいと思えば、その点についてかれはすでに人よりも長じているといってやること

シェークスピア「徳はなくても、徳あるごとくふるまえ」

自分についていい評価が与えられた以上、その評価にたがわないようにつとめるのは人情である

 

8激励して能力に自信を持たせる

ばかだとか、能無しだとか、才能が無いとかいってののしるのは向上心の芽を摘み取ってしまうことになる

大いに元気づけて、やりさえすれば容易にやれると思い込ませ、そして相手の能力をこちらは信じているのだと知らせてやる

 

9喜んで協力させる

ナポレオン一世

⇒自分の制定したレジョン・ドヌール勲章を1500個もばらまいたり、18人の大将に元帥の称号を与えたり、自分の軍隊のことを大陸軍と呼んだりした。

歴戦の勇士を玩具でだましたと非難されると⇒「人間は玩具に支配される」

 

人を変える必要性が生じた場合、次の事項を考えてみるべき

①誠実であれ。守れない約束はするな。自分の利益は忘れ、相手の利益だけを考えよ。

②相手に期待する協力は何か。明確に把握せよ

③相手に身になれ。相手の真の望みは何か。

④あなたに協力すれば相手にどんな利益があるか

⑤望み通りの利益を相手に与えよ

⑥人にものを頼む場合、その頼みが相手の利益にもなると気づくように話せ

 

引用参考文献

 D.カーネギー 山口 博(訳)(1999).人を動かす 創元社